効果的なエイジングケアには正しいクレンジングが重要

  • クレンジングタイプを比較して自分に肌に合ったものを

    • 日々のお肌のケアにかかせないのが、洗顔とクレンジング。

      洗顔は不要な角質や余分な皮脂などのシンプルな水性の汚れを落とし、クレンジングはメイクなどによる油性の汚れを落とします。
      クレンジングには、水と油、本来は分離してしまう物質を混ぜ合わせる界面活性剤がはいっています。

      この界面活性剤の働きにより、メイクの油性の汚れを落とすことができるのです。

      毛穴クレンジング情報について考えます。

      クレンジングには、オイル状のオイルタイプ、ジェル状のジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプなどがあります。

      それぞれ、界面活性剤の量や成分によって洗浄効果、洗い上がりに違いがあるのです。

      オイルタイプは、オイルとメイクの油分をなじませ、乳化させることで落とします。


      比較してみて、最も洗浄効果が高いのがオイルタイプでしょう。濃いメイクをしっかり落としてくれます。皮脂の分泌量が多いTゾーンなど、落ちにくいポイントメイクを落とすのにも向いています。
      ジェルタイプは、肌へのなじみが良く摩擦による肌への負担が少なめ。

      水性ジェルタイプ、油性ジェルタイプがあり、水性にはオイルフリーと、油分を追加したオイルインのものがあります。


      水性ジェルは軽めのメイク、油性ジェルは強めのメイクを落とすのに向いています。

      朝日新聞デジタルを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

      クリームタイプは、油分を多く含んでいるのが特徴。

      肌への摩擦を抑え、潤いを保ちつつ、メイクを落とすことができます。
      洗浄効果は低めですが、汚れを落とし、肌に潤いを残してくれます。
      ミルクタイプは、ミルク特有のなめらかなテクスチャーで、肌荒れや肌の乾燥が気になる方に向いています。

      洗浄効果は低めですが潤いを残せることが魅力です。



      それぞれのタイプを比較すると、洗浄効果が高いのは、オイル、ジェル、クリーム、ミルクの順番。肌への負担の少なさは、その逆で、ミルク、クリーム、ジェル、オイルなります。